動物のための医療センターで安心

昭和の時代は野良犬がうろうろしていたり犬は番犬として飼われるというイメージが強かったようです。ですので、食べ物も人間が残した御飯をえさとして食べさせていました。しかし高齢化社会が問題となってきたと同時くらいから家族の一員として飼われるように変化してきました。食べ物もドッグフードや缶詰、ビーフジャーキーなど色んなものがあります。動物の医療ではペットでも生活習慣病があることや認知症があると言われていて治療のための研究をされています。巷でも動物病院を至るところで目にするようになりました。渋谷にある医療センターでは休日、深夜問わず24時間体制で診療や看護にあたっておられます。入院中の面会も14時から19時と長い時間設けられていますし面会に行けなくても容態の問い合わせをすることができます。まさに飼い主とペットに安心な病院でしょう。ホームページでは、犬、猫、うさぎについての情報がいくつか掲載されています。ペットのちょっとした変化が載っているので参考になるでしょう。